• LegalForce
  • facebook
  • twitter

契約書にまつわる情報メディア 契約ウォッチ

無効審判

無効審判とは、権利の有効性に関する当事者間の紛争を解決するための制度(特許法123条)。登録された特許権が、本来、権利になるべきでなかった(特許要件である新規性や進歩性などを満たしていないなど)と思われる場合に、利害関係人は当該特許権の無効審判を請求することができる。無効審判を請求すると、特許庁で当該特許権が無効となるか否かが判断されることになる。

Tags