【会社を守る必須知識】コンプライアンスの基本

概要

コンプライアンスは「法令遵守」を意味する言葉ですが、現代では、社会規範・社会道徳、ステークホルダーの利益・要請に従うことなども含む広い概念となっており、会社において、適切な体制のもとで実現するものだと考えられています。

コンプライアンスは、企業倫理や、社会道徳の問題も含んでおり、法令遵守だけでは十分ではないとも言われます。
しかし、どこまで何をやればいいのか、わからなくなることもあるでしょう。

会社ごとに、どこまで何をするかは違いますが、基本的には、経営陣が方針を決めて、法務部やその他専門部署などがコンプライアンスの体制構築を進めていくことになります。
法務部などが集めたステークホルダーに関する情報や、法令改正に関する情報から、経営陣が経営戦略を立てることも考えられます。

本資料では、コンプライアンスの概念に関する基礎知識からその最新情勢までを分かりやすく解説します。

目次

1. コンプライアンスとは?正しい意味を分かりやすく解説
 コンプライアンスの定義・意義
 コンプライアンスが重要視されている背景
 コーポレートガバナンスとの違い

2. 内部統制とは何か
 コンプライアンスと内部統制
 /内部統制と取締役の責任
 取締役の善管注意義務と内部統制

3. コンプライアンスリスク
 労務リスク
 契約リスク
 情報漏えいリスク(営業秘密)
 情報漏えいリスク(個人情報)
 法令違反リスク
 不正会計リスク

4. コンプライアンス遵守のための対策
 法改正などの情報をキャッチアップする
 社内規程やマニュアルを作成・刷新する
 ハラスメント相談窓口や内部通報窓口を設置する