【契約書管理担当者必読!】契約締結後もモニタリングすべき条項まとめ

契約締結後もモニタリングすべき条項まとめ

資料概要

契約は締結して終わりではなく、締結後のモニタリングも重要になります。
契約の順守状況を確認する必要があるほか、契約締結時からの事情変更が発生するケースもあるからです。

契約締結後もモニタリングすべき条項は、契約類型によって異なります。

本資料では、どの契約類型にも共通してモニタリングすべき条項を中心に解説します。

目次

1.契約締結後のモニタリングが重要な理由
契約の順守状況を確認する必要があるため
契約締結時からの事情変更が発生することがあるため

2.契約締結後もモニタリングすべき主な条項
契約締結後もモニタリングすべき主な条項
契約期間に関する条項
秘密保持条項
契約不適合責任に関する条項
契約解除条項
損害賠償条項
不可抗力条項
再委託条項
地位の譲渡禁止条項
契約内容の変更に関する条項
期限の利益喪失条項

3.契約類型ごとにモニタリングすべき条項もあるので要注意
契約類型ごとにモニタリングすべき条項

※なお、本資料は契約書にまつわる情報メディア「契約ウォッチ」の「契約締結後もモニタリングすべき条項とは? 実務上の留意点を解説!」の記事を再編集したものです。
※本資料は、2022年10月5日公開時点の記事内容に基づいています。

ダウンロード方法

右のフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。
なお、gmail等のフリーアドレスでのお申込や、同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。