【新任~若手法務向け】業務委託契約の基本がわかるハンドブック

業務委託契約の基本がわかるハンドブック

概要

業務委託契約とは、委託者が受託者に対して、何らかの業務を委託する内容の契約です。

業務委託契約は、ビジネス上見かける頻度がとても多い契約であり、法務担当者としてレビューできるようになっておきたい契約の一つです。

本ホワイトペーパーでは、「新人~若手法務の方向け」に、業務委託契約の基本をわかりやすく解説します。

目次

1.業務委託契約とは
業務委託契約とは
業務委託契約が請負契約に該当する場合
業務委託契約が委任契約(準委任契約)に該当する場合
企業が業務委託契約書を締結する目的
業務委託契約と雇用契約の違い

2.業務委託契約書に盛り込むべき条項
業務委託契約書に盛り込むべき条項の全体像
委託業務の内容等
受発注の方法/禁止事項
納品・検収の方法
成果物の権利
業務委託報酬の額・支払方法等
再委託の可否/契約期間
反社会的勢力の排除
秘密保持
損害賠償
契約の解除

3.業務委託契約書を作成する際の注意点
「偽装請負」のリスクに要注意
収入印紙の貼り忘れに注意

※なお、本資料は契約書にまつわる情報メディア「契約ウォッチ」の「業務委託契約書とは?  雇用契約との違いや記載すべき契約条項などを解説!」の記事を再編集したものです。
※本資料は、2022年3月10日公開時点の記事内容に基づいています。

ダウンロード方法

右のフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。
なお、gmail等のフリーアドレスでのお申込や、同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。