• LegalForce
  • facebook
  • twitter

契約ウォッチ by LegalForce|契約書にまつわる情報メディア


磯田翔弁護士.jpg

若竹 宏諭Hirotsugu Wakatake

所属
御池総合法律事務所
取扱分野
企業法務(会社法・労働法・知的財産法関係)、訴訟・紛争解決、債権保全・執行(金融機関)を中心として、家事事件など幅広い分野を取り扱う。
資格/登録
2013年弁護士登録(第一東京弁護士会)
2016年京都弁護士会へ登録換え
言語
日本語、英語
学歴

2010年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業

2012年 慶應義塾大学大学院法務研究科修了

経歴

2013年 弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所入所
2016年 御池総合法律事務所入所

講演

「トレードシークレットの保護について」(2020年)
「時代の変化に対応する就業規則の見直し」(2018年)

論文・著書
  • 論文「標準必須特許のライセンスに関する英国最高裁判決」(御池ライブラリー、2021年4月)
  • 論文「『マルチコンポーネント製品に係る標準必須特許のフェアバリューの算定に関する考え方』で示されたロイヤルティ算定のあり方」(御池ライブラリー、2020年10月)
  • 論文「旅行業法の概要」(御池ライブラリー、2020年4月)

執筆した記事

標準必須特許とは? 基本を分かりやすく解説!

この記事を書いた人 若竹 宏諭 御池総合法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了。2013年弁護士登録。企業法務(会社法・労働法・知的財産法関係)、訴訟・紛争解決、債権保全・執行(金融機関)を中心として、家事事件など幅広い分野を取り扱う。 はじめに NTTやSHARPなどの日本企業を含めた世界の通信関連企業48社が、Avanci(アバンシ)を通じて、トヨタ自動車、ホンダ及び日産という日本の自動...

【2021年5月公布】商標法・意匠法改正 のポイントを解説! ―商標法・意匠法における「輸入」概念の見直し―(新旧対照表つき)

この記事を書いた人 若竹 宏諭 御池総合法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了。2013年弁護士登録。企業法務(会社法・労働法・知的財産法関係)、訴訟・紛争解決、債権保全・執行(金融機関)を中心として、家事事件など幅広い分野を取り扱う。 この記事のまとめ 電子商取引の発展により、それまでは日本国内の事業者を通じて日本国内に流入していた模倣品が、海外事業者から日本国内の個人へ直接販売されるケー...