法改正 最新ニュース
【経済安全保障推進法】特許出願の非公開に関する制度が開始
アバター画像
小林 一郎Ichiro Kobayashi
所属 一橋大学大学院法学研究科教授
取扱分野 国際取引法、商取引法、企業法務
言語 日本語
学歴
  1. 1994年 東京大学法学部 卒業
  2. 2003年 コロンビア大学ロースクール卒業 博士(法学)
経歴 1994年 三菱商事株式会社入社
2022年 一橋大学大学院法学研究科教授
講演 「進化する企業法務:ビジネスをつくり企業を強める挑戦」日経リーガルサミット パネルディスカッション 2024年2月15日
「企業法務の将来展望:法務部門の新たな役割と法務DX」日経リーガルサミット 2024年2月15日
「宇宙ビジネス法:宇宙商業活動を円滑に進めるためのルール形成」 第54回一橋祭 三学部合同公開講義 2023年11月25日
「リーガルテック最前線、生成AIで進化する法務」NIKKEI LIVE 2023年11月15日
「企業法務における新しい契約実務の展望と法務DXに求められる課題について」JDPress/JDIR主催「第3回 法務・知財DXフォーラム」基調講演 2022年10月25日
「企業法務とテクノロジーシンポジウム 〜リーガルテックは奪わない、支える〜」2022年8月2日
「【特別対談】リーガルテックで創造する『新たな法務実務』」 2022年6月3日
「データの活用による法務の進化とリーガル・リスク・マネジメント」NO&T・MNTSQ共催セミナー 2022年1月26日
「内部通報制度の構築・運用と監査役等の関わり方」第89回 監査役全国会議 企業不祥事防止に向けた監査役等の役割-高まる期待に応えるために-
実績 1994年東京大学法学部卒業、三菱商事株式会社入社。2003年コロンビア大学ロースクール卒業(LL.M./ Harlen Fiske Stone賞)。三菱商事法務部部長代行等を経て、2022年4月より現職。
論文・著書
  1. 著書『日本の契約実務と契約法―日本的契約慣行の研究』(商事法務、2024年)
  2. 論文「米国における法律業界の構造改革とリーガルテック・法務DX―統合型リーガルサービスへの希求と我が国企業法務への示唆」NBL1243号、1244号(2023年)
  3. 論文「日本的契約慣行の研究―申込み・承諾によらない契約成立の認定手法がもたらす特異性」一橋法学 22巻1号1頁、2号181頁、3号213頁(2023年)
  4. 論文「契約成立における申込みと承諾の役割―黙示の合意認定手法の比較法的考察」NBL1231号、1234号(2022年)
  5. 論文「商社金融─我が国特有の金融手法の盛衰と動産担保手段が果たした役割」『現代の担保法』(有斐閣、2022年) 407-430頁所収
  6. 論文「契約実務におけるリーガルテックの活用とその将来展望―リーガルテックによる契約実務の標準化と契約交渉スタイルの変容」NBL1217号、1218号(2022年)
活動
  1. 国際取引法学会 代表理事・会長
  2. 国際取引法フォーラム理事
  3. 法務省 日本法令外国語訳推進会議委員

契約書にまつわる最新記事

News

契約•法務にまつわる資料

Download

契約・法務にまつわる資料や新旧対照表などの資料を無料でダウンロードいただけます。

無料ダウンロード

特集

Features

契約ウォッチ編集部が厳選してお届けする、特集コーナーです。

契約ウォッチ 専門家一覧 小林 一郎
法改正カレンダーはこちら
ページの先頭へ