契約義務に違反しないためにとるべき対策集

ひな形_秘密保持契約書

資料概要

 契約とは「法的な効果が生じる約束」であり、一度締結すると契約当事者は契約に拘束され、権利と義務が発生します。
契約の内容を守らなかった場合は、契約違反(債務不履行)として損害賠償請求等を受けるなどの損失を被る可能性もあり、企業にとって深刻な事態になることもあります。

そこで本資料では、以下の2つを解説しています。

本資料では、急成長企業の各ステージにおける課題の整理とその課題に対する解決策を解説します。

  • ・契約義務に違反しないためにとるべき対策
  • ・契約に違反してしまった場合の対応

こんな方におすすめです

  • ・契約義務に違反しないために何をすればいいか知りたい方
  • ・契約義務に違反しないために、自社がどれくらい対策できているかをチェックしたい方

ダウンロード方法

右のフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。
なお、gmail等のフリーアドレスでのお申込や、同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。