これからのあるべき契約リスク管理体制

20210729_契約リスクガバナンス体制

資料概要

契約書は、法令上契約締結後の保管の義務があるため、企業では当たり前のように毎年、大量の契約書が保管されています。そして、そのような契約書の多くが、締結後、顧みられることもなく、「保管するだけ」になっているのが実状です。

しかし、「契約管理」とは、本来「保管」するだけのものではなく、「リスクマネジメント」を伴って初めて機能するものです。締結後、「保管だけ」されて、忘れ去られる契約書には、「不利な条項の放置」「契約上の義務違反」「更新タイミングの見落とし」という大きな3点のリスクの他、思いもよらない多くのリスクが潜んでいます。締結後にそのまま「保管」し、定期的に見直す体制がないと、企業として適正にリスクを回避することが出来なくなってしまいます。

本資料では、「契約リスク管理」の重要性と、その構築方法をご紹介します。

ダウンロード方法

右のフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。
なお、gmail等のフリーアドレスでのお申込や、同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。