ベンチャー企業が陥りがちな誤った契約書管理

20211026_ベンチャー企業が陥りがちな誤っ

資料概要

企業は、その成長過程において様々な社内統制が必要になってきます。
ベンチャー企業 だけではなく、急成長している企業にとって、その成長スピードが速いため、社内統制を後回しにしていると、加速する企業の成長スピードに合わせて構築していくことが困難になってきます。

特に契約管理体制は、早期から構築することで、対応コストと契約リスクを大幅に削減することになるため、契約管理体制の構築は、早期から手を付けておくべきです。また、 契約管理体制が構築されないまま組織が急に大きくなっていくことは、様々な把握していないリスクを組織がはらんだ状態を放置したままということです。点在していた小さ なリスクは、たちまち大きなリスクへと発展していく可能があります。

本資料では、急成長企業の各ステージにおける課題の整理とその課題に対する解決策を解説します。

ダウンロード方法

右のフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。
なお、gmail等のフリーアドレスでのお申込や、同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。