• LegalForce
  • facebook
  • twitter

契約ウォッチ by LegalForce|契約書にまつわる情報メディア


高橋 治Osamu Takahashi

所属
シティライツ法律事務所
取扱分野
デジタル広告、Webメディア、アプリ、SaaS、ハードウェアプロダクト関連の法務に造詣が深い。インターネット文化の本質に根ざしたプラクティカルなアドバイスを特徴とする。またインハウスローヤーとして中国、韓国、台湾などアジア諸地域と日本の間を頻繁に往来し、外国企業との契約交渉に豊富な経験を有する。
資格/登録
2012年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
言語
日本語、英語、中国語
学歴

2001年 東京大学文学部卒業

2003年 同大学院修了(美術史学)

2010年 慶應義塾大学大学院法務研究科修了

経歴

2012~15年小松製作所(コマツ)の経営企画部門で主にクロスボーダーM&Aの法務を担当。2015~19年Baidu Japan(百度日本法人)にて法務部長と経営企画部長を兼任。百度の国際部門における法務責任者も兼務。その後現職。

2020年~ 株式会社ワンキャリア監査役

論文・著書
  • 著書『組織内弁護士の実務と研究』(日本評論社、2021年、共著)
  • 論文「中国の広告関連法制―2015年広告法を中心に」(JILA通信 No.9、 2020年1月)
  • 論文「ハードウェア・スタートアップの法務」(LES JAPAN NEWS Vol.59 No.3、2018年9月)
  • 論文「企業法務に生かすオンライン教育」JILA通信 (No.2、2016年5月)

執筆した記事

インターネット広告の取引基本契約の論点 (条項例あり)

この記事を書いた人 弁護士 高橋 治 シティライツ法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了 2012年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)、2012~15年小松製作所(コマツ)の経営企画部門で主にクロスボーダーM&Aの法務を担当。2015~19年Baidu Japan(百度日本法人)にて法務部長と経営企画部長を兼任。百度の国際部門における法務責任者も兼務。その後現職。 2020年~株式会社ワンキ...

コンテンツ製作者の中国市場進出と 取引上の留意点

この記事を書いた人 弁護士 高橋 治 シティライツ法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了2012年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)、2012~15年小松製作所(コマツ)の経営企画部門で主にクロスボーダーM&Aの法務を担当。2015~19年Baidu Japan(百度日本法人)にて法務部長と経営企画部長を兼任。百度の国際部門における法務責任者も兼務。その後現職。 2020年~株式会社ワンキャ...