• LegalForce
  • facebook
  • twitter

契約ウォッチ by LegalForce|契約書にまつわる情報メディア


土屋 佑貴Yuki Tsuchiya

所属
弁護士法人大江橋法律事務所
取扱分野
M&A、コーポレートガバナンス、危機管理・コンプライアンス、紛争解決等を中心に、広く企業法務全般を取り扱う。
資格/登録
2013年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
言語
日本語、英語
学歴

2010年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2012年 慶應義塾大学大学院法務研究科修了

経歴

牛島総合法律事務所勤務(2014年~2019年)を経て2019年より現職

講演

「改正公益通報者保護法・指針の実務対応概観 -2022年6月施行を見据えた内部通報体制の見直しに向けた留意点-」(2022年)

論文・著書
  • 論文「改正公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用(2)」(大江橋ニュースレター2022年1月号、共著)
  • 論文「改正公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用(1)」(大江橋ニュースレター2021年10月号、共著)
  • 論文「令和元年改正会社法と実務上の留意点」(大江橋ニュースレター2021年4月号、共著)
  • 論文「コーポレートガバナンス・コード時代の株主代表訴訟のルール」(月刊ザ・ローヤーズ2016年6月号、共著)
  • 論文「独占禁止法について」(東芝ソリューションeラーニング・コンテンツ、2015年、監修)

執筆した記事

東証の新市場区分とは? -新市場区分の概要と 今後検討すべきポイント-

この記事を書いた人 土屋 佑貴 弁護士法人大江橋法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了。2013年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。 M&A、コーポレートガバナンス、危機管理・コンプライアンス、紛争解決等を中心に、広く企業法務全般を取り扱う。 この記事のまとめ 2022年4月4日、株式会社東京証券取引所(以下「東証」といいます。)において、新市場区分がついにスタートしました。従前の「市場第...

「株主総会資料の電子提供制度」とは? -制度開始に備えて 実務上検討すべきポイント-

この記事を書いた人 土屋 佑貴 弁護士法人大江橋法律事務所 慶應義塾大学大学院法務研究科修了。2013年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。M&A、コーポレートガバナンス、危機管理・コンプライアンス、紛争解決等を中心に、広く企業法務全般を取り扱う。 この記事のまとめ 「車の両輪」とされるスチュワードシップ・コードが2020年、コーポレートガバナンス・コードが2021年に相次いで改訂され、2021年...