• LegalForce
  • facebook
  • twitter

契約書にまつわる情報メディア 契約ウォッチ

  1. 契約ウォッチTOP
  2. 法改正カレンダー一覧

法改正カレンダー 一覧

契約レビューを行うときに、おさえておくべき主要な法令の改正情報をアップデートします。

改正により、電子取引に係るデータの保存要件が緩和され、電子取引を行った場合、次のいずれかの措置をとれば、電子データのまま保管してもよいこととなります。
①電子データにタイムスタンプが付された後、その取引情報のやりとりを行うこと。
②電子データを訂正・削除したときは、これらの事実と内容を確認することができるシステムか、訂正・は削除を行うことができないシステムを使用して、その取引情報のやりとりと保存を行うこと

侵害訴訟における証拠の収集手段として「査証制度」が創設されました。「査証制度」とは、裁判所の命令によって、中立公正な専門家(弁護士や弁理士など)が、相手方当事者の工場などにおいて必要な資料を収集して、報告書を裁判所へ提出するものです。査証を申し立てた当事者は、報告書を証拠として利用することができます。

侵害訴訟における証拠の収集手段として「査証制度」が創設されました。「査証制度」とは、裁判所の命令によって、中立公正な専門家(弁護士や弁理士など)が、相手方当事者の工場などにおいて必要な資料を収集して、報告書を裁判所へ提出するものです。査証を申し立てた当事者は、報告書を証拠として利用することができます。

改正により、リーチサイト(違法にアップロードされた著作物へのリンク情報を集約したサイト)に対する規制が強化されました。また、写りこみに関する著作権の権利制限の範囲が広がり、スマートフォンのスクリーンショットにより他人の著作物が写りこむようなケースにおいて著作権者の許諾を要しないことになりました。さらに、許諾をうけて著作物を利用する権利(利用権)について、著作権の譲受人に対抗できる制度が導入されました。

建設業における働き方改革を促進するため、著しく短い工期による請負契約の締結の禁止、工期に影響を及ぼす事項について、事前の情報提供義務、元請事業者に下請代金のうち「労務費相当分」を現金払いとする義務などが定められます。

民法の債権法分野について、約120年間の社会経済の変化への対応を図るための実質的なルールが見直されます。また、今までの裁判例や学説の通説的な見解などを条文上明確にして分かりやすくする改正も行っています。

「働き方改革」では、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保が目指されています。そこで、派遣先に雇用される通常の労働者(無期雇用フルタイム労働者)と派遣労働者間の不合理な待遇差を解消するために、労働者派遣法が改正されます。

一定の事業者に対しては、紙マニフェスト(産業廃棄物管理票)ではなく、電子マニフェストの交付が義務づけられます。

改正により、特許権者は、より広い範囲で損害賠償額を請求できるようになります。すなわち、特許権者は、自らの生産・販売能力を超えた部分を賠償請求できます。また、特許権者は、特許権侵害があったことを前提とした「ライセンス料」の相当額を賠償請求できます。

特許法や実用新案法と同様に、改正により、損害賠償算定方法が見直されました、また、あわせて、保護対象・組物の意匠・間接侵害の拡充、関連意匠制度の見直し、存続期間の延長といった改正も行われます。

特許法や実用新案法と同様に、改正により、損賠賠償の算定方法が見直されました。
また、国際商標登録出願手続きに係る手続き補正書の提出期間について、「拒絶理由通知後、事件が審査、審判、又は再審に継続している間」に延長されます。

特許法と同様に、改正により、実用新案権者は、より広い範囲で損害賠償額を請求できるようになります。すなわち、実用新案権者は、自らの生産・販売能力を超えた部分を賠償請求できます。また、実用新案権者は、特許権侵害があったことを前提とした「ライセンス料」の相当額を賠償請求できます。